ようこそオランダへ

期待と不安でいっぱいのオランダ生活。 カーライフについては弊社にお任せください。

ディーズ・インターナショナルは土井剛史(ドイタケシ)が一人で運営しており、提携ガレージ、リース、レンタル会社の協力のもと、日本人の皆様に安心で快適なカーライフをお送りいただくよう努めております。 先ずは、オランダの車事情をご説明いたします

自動車の価格

オランダでは日本より欧州車が安く買えるのでは、期待に胸を膨らませていらっしゃる方。 残念ながらそうではありません。実際にはオランダの高額な税制のため割高です。 オランダで生活すると1EUROが100円程度の物価感覚ですので2万EURの車は200万円程度の感覚ですが、実際に円換算すると高く感じられます。

オランダ車価格表

  

 オランダでは、付加価値税21%の他、自動車取得税(CO2排出量により複雑に計算される)がかかっており自動車の税込み価格の約35-38%を占めます。

この2種類の税金は車体価格の一部として考えられるので、例えば3年後には税込み価格の40-50%くらいで売れます。

・オランダではオートマチック車の割合が10-20%程度です(日本は80-90%)。
・40%がドイツ車、30%がフランス車、残り30%が日本車、イタリア車等です。
・ディーゼル車は全体の30%程度です。燃料が安い分、道路税はガソリン車の2倍もするので、年3万キロ以上走る場合でないとメリットはありません。
・ハイブリッド車も人気ですが、年々環境に対する規制が厳しくなっており、ハイブリッドといえども優遇措置がほとんどなくなってきています。
・電気自動車もTESLAなど多く走っていますが、一般的にはまだまだです。

車選び

車選びの注意点

・オランダは公共交通機関も発達はしていますが、車でないと不便なところは多くあり、同じ距離でも電車バスと比べ、車の場合かなり時間の節約になります。
・最近の欧州メーカーはCO2量を低く抑えるため、排気量を小さくしターボで馬力を上げたエンジンを多く採用しています。車選びの際には排気量より馬力を見るようにしましょう。
・国境を越えるドライブをするには100馬力あれば十分でしょう。
・日本で人気の7人乗りバン(エルグランド、エスティマ等)はオランダではかなり高価です(5-8万EUR)。
・冬は寒くなりますが積雪はあまりないので、4WD車は多くなく、タイヤも1年中同じタイヤを使用します。
・ただドイツではウインタータイヤ(スタッドレス)が義務化されましたので、冬期ドイツに行く場合は用意したほうが良いでしょう。(オールシーズンタイヤという選択肢もございます)
・納期 :日本車はオランダに割りと在庫を持っているケースが多く、納期は約2週間です。欧州車はほぼ受注生産ですので約8-12週間かかります。お急ぎの場合はショールームに展示してあるモデルをご購入いただくことになりますが、オートマ車は限られています。
・A~Bセグメントの車はメーカー純正のカーナビの設定が多くなく、脱着式のポータブルナビ TomTom(100-400EUR)が人気です。飛行機で外国に旅行に行き、レンタカーを借りる際にも使えるので便利です。 或いは携帯の画面が中央ディスプレーに投影されるAppleCarPlay/AndroidAutoという機能の付いた車も増えてきています。車載ナビと違いGoogleMap等がそのまま使えるので常に最新のマップで運転できます。
・着任後すぐに車が欲しいということでしたら、事前に日本から発注、送金も可能です。
・現在日本でご利用中の車をオランダに持ち込む事も可能です。(別途お問い合せ下さい)
・また、当地で購入した車を帰任時に日本に持ち帰ることも可能ですので、数年後の帰国持ち帰りを考慮に入れた車種選択もよいと存じます。

購入/維持費/売却

購入から売却までの注意点

購入


・弊社では中古車は扱っておりません。(1年程度の中古車までは扱います)
・当地の中古車は日本よりも走行距離が長く、過酷な環境下で使用されていることが多く、故障も多い割に安くありません。
・弊社で販売する新車は、“買取保証制度“をご用意しています。帰国時の買取価格を事前にお約束できますので、中古車を購入し、予定外の修理費に泣かされるよりは安心です。
・一括購入が一般的です。ローンは金利が高い(8-10%)ことと、外国人(オランダのパスポート所有者以外)へのローンは現在審査がかなり難しくなっております。
・弊社では法人向けにリースをしておりますが、個人の方でも契約可能です。リースは保険、修理点検費等全て含まれているので安心です。
・車両の名義登録にはオランダの免許が必要ですが、日本の免許からの書き換えが済むまで、弊社名義で登録、納車させていただき、後日名義変更をすることも可能です。
・納入に際し、日本のような車庫証明は必要ありません。ただ、繁華街に近い地域などは、路上駐車に市役所の許可が必要です。

購入後の維持費


・維持費として、自動車保険と道路税がかかります。車の金額や重量によって決まりますがBセグメントの車両で道路税が年間500‐600EUR、自動車保険(自賠責+車両保険)が年間800-1200EURが目安です。
・当地での自動車保険の割引に役に立ちますので、任意保険会社の英文無事故証明、公安委員会発行の英文無事故無違反証明等取っておくと便利です。
・法定車検=新車の法定車検は4年間後から始まりその後は2年毎です。(Diesel車は3年後でその後毎年)。費用は30-50EUR程度です。基準に達しない点があれば部品交換、修理の費用が発生します。
・定期点検=メーカー指定の定期点検(オイル交換等)は、2万キロか年1回(小型車)、3万キロか2年に1回(欧州車)が一般的です。一回の単価は200-400EUR程度です。
・点検、車検の予約は弊社にお任せください。
・事故処理、修理等もアレンジいたします。

帰国時の売却


・弊社で買取いたします。(弊社で販売した車でなくても買取はいたします)
・引渡しはご帰国当日でも結構です。買取後の登録抹消、保険解約等煩わしい作業は全てこちらで行いますので、安心の上ご帰国の準備に専念できます。
・日本への持ち帰りを希望する場合も輸送、日本での登録アレンジをいたします。



赴任準備情報

日本を発つ前に準備しておくこと

免許証

オランダにて住民登録をしたら半年以内にオランダの免許に書き換える必要があります。 書き換えの条件として、日本で免許を取得から半年以上日本に住んでいないといけません。 従い、オランダ赴任直前に取得した免許では書き換えできませんのでご注意ください。 免許書き換えまでは日本の免許と、日本で発行された国際免許の両方を携帯します。

無事故証明

オランダで自動車保険に加入するにあたり、英文の無事故証明がありますと割引の対象になります。
①自動車安全運転センター発行の 英文無事故無違反証明
②任意保険の会社で、英文無事故証明を発行してもらう。 またその際、保険の中断証明を取っておくとオランダ赴任が終了して日本に帰国した際、赴任前の等級で保険を再開できます。

 

カー用品

日本に比べますとカー用品店の品揃えは、今ひとつというところです。 オランダのカー用品チェーン店Halfordsのサイト www.halfords.nl

オランダでなかなか売っていないカー用品
ワイドルームミラー、芳香剤、エアコン吹き出し口につけるカップホルダー、抗菌グッズ、UVカットグッズ

ドライブレコーダーは、少しつづ見かけるようになりましたが、日本からお持ちになってもよいでしょう。

オランダに持ってきてはいけないもの。無駄なもの
レーダー探知機(オランダでは完全に法で禁止されています)

カーステレオ(FMの周波数が違います)
カーナビ(システムが違い使用できません)

赴任前に車のことでいろいろご質問があると存じます。お気軽にe-mail等でご連絡下さい。